キャッシング比較ニュース

結婚相手の借金を払う義務はあるのか?

結婚相手の借金を払う義務はあるのか?

結婚相手に消費者金融から借金があることがわかった場合、自分は支払う必要があるのか心配になります。
また、住民票や戸籍謄本などから調べて実家に訪ねてきたり電話がくることがないか心配される方がいます。

しかし、自分が結婚相手の借金の保証人となっていない限り、婚約者・夫または妻となったとしても、法律的には借金を返済する義務はありません。

また、以下のような行為を貸金業者がすることは、法律上禁止されています。

社会通念上不適当とみられる時間帯(午後9時~午前8時)に訪問すること
勤務先など自宅以外に訪問、電話、ファックスなどをすること

ですから結婚相手の借金に関して、サラ金業者があなたの実家に訪ねて行って返済を要求することは法律上禁止されています。
さらに、手紙を送ることも同様に禁止されています。

もしこのような法律に違反して取立てが行われた場合には、監督官庁へ苦情を申し立てることができます。

しかしその前に、結婚相手の借金に関してしっかりと話し合うのが先決でしょう。

キャッシングと利子

キャッシングと利子

キャッシング会社はどの部分で利益を出しているのでしょうか。
その多くは返済時に加えられる利子です。

考えてみれば、お金を預けた時の利子は雀の涙ぐらいの量しかありません。
定期預金で預けても本当に少ない利子しか付きません。

逆にお金を借りた時の利子はどうでしょうか。
びっくりするほど大きな利子が付いているのではないでしょうか。

一週間無利子のキャッシングもありますが、ほとんどの会社では多くの利子をつけています。

貸金業法にのっとった利子であるかを確認する必要があります。

中国に進出するプロミスとキャッシング

中国に進出するプロミスとキャッシング
中国にプロミスが進出しています。
プロミス社長が言うところによれば、中国の消費者金融市場は、日本の30年前と同じ状況だそうです。
確かに中国は経済成長していますが、その分格差が広がっているということでもあります。
また、中国市場はプロミスから見れば良い市場のようです。
日本の上限金利は20%ですが、香港の実質年率の上限は60%・中国本土も中国人民銀行の貸出金利の4倍となっています。
また手数料は無制限であり慣例的に金利とほぼ同額となっているため多くの粗利益を得ることができます。
しかし中国の規制はコロコロ変わります。
日本企業に対する規制だけ変わることもありえますから、将来を楽観することはできません。

総量規制緩和の検討

2012年2月29日·Category :キャッシングと法律··コメントはまだありません
先日お伝えした、消費者金融の規制緩和についてですが、政府は検討チームの設置を決めました。
貸付額を年収の3分の1までに制限する総量規制の見直しなど同法の再改正も視野に議論を進めるということです。
総量規制が見直されると、貸金業法の本質までもが変わってしまう気がします。
総量規制を厳しくすれば、どうしても必要なお金を借りられない人が出てくる。
必要以上に総量規制を緩めれば、お金を借りすぎてしまうような土壌が生まれる。
規制するときのバランスは難しいものです。
総量規制をもろに受けるのは多くの場合、主婦の方です。
そんな主婦の方でも、銀行系のカードローンなら借りることができます。
一週間無利息のノーローンならお得に借りられます。
さらにノーローンレディースなら女性スタッフなので安心ですよ。

消費者金融の規制緩和か

2012年2月26日·Category :キャッシングと法律··1件のコメント
消費者金融の規制緩和か
改正貸金業法により、キャッシングする条件が厳しくなりました。
そのため、クレジットカードで商品を購入する形のキャッシングも現れています。
しかし、キャッシングできない人を救済するために、多重債務者対策を強化した改正貸金業法の緩和を検討することが決まったようです。
規制を緩めることで違法な闇金融に消費者が流れることを防げます。
反対に安易に緩和すれば、多重債務問題が再燃するという懸念もあります。
改正貸金業法により、多重債務者がかなりの割合で減少しています。
ですから、規制を緩めるのは厳しいのではないでしょうか