お得な自動車ローンの選び方

カーローンとは

お得な自動車ローンの選び方

自動車ローンとは

自動車の購入は、住宅に次いで高額な買い物となるものです。
ですから、品物を慎重に選ぶ一方、気になるのはその代金支払です。

理想は現金での一括購入でしょう。
一括で購入すれば、支払いはその時一度で済ませることができます。
しかし、今の不景気な時代に大金を一度に用意するのは困難な場合があります。

そのため、自動車購入には自動車ローンを利用する方が多数派ではないでしょうか。

自動車ローンにもさまざまな形態があります。
自動車販売会社へのローンや、銀行が用意するローンもあります。

いろいろな自動車ローンがありますから、慎重にお得なローンを選びましょう。

自動車販売店のローン

自動車販売店の自動車ローン

自動車ローンに最も多く利用されてきたのが、販売店つまりディーラーで取り扱われているローンです。

一番のメリットは、手続きが簡単なことでしょう。
自動車購入時にお店でローンの申し込みをすることによって、手続きが楽になります。
また、ローンのための審査も非常に短時間で済む事が多いので、手続きが面倒な場合にはぴったりのローンであるともいえます。

しかし、審査に通りやすい一方、金利が高いというデメリットもあります。
手続きが簡単な分、その手間賃を取られていると考えることができるでしょう。

また、ローンが完済するまでは、車の所有権が販売店にあります。
車検証には所有者の名義を記載する欄がありますが、自動車ローンを払い終えるまでは、販売店の名義が記されます。

もちろんローンを完済すれば自分の名義に変更できます。

もっとお得な無利子のローンはこちら

クレジット会社のローン

クレジット会社の自動車ローン
これまで、信販会社やクレジット会社でローンを組む場合、自動車販売店つまりディーラーと提携している信販会社やクレジット会社を利用するのが一般的でした。

しかし現在はインターネットで信販会社やクレジット会社のローンの申し込みが可能になりました。
そしてインターネット経由で、簡単に申し込みが可能となっています。

この、ローン選びにひと手間かけるだけで金利や総支払額に大きな差がついてくることもあります。
ですから各社のローンを比較し、じっくり選びましょう。

インターネットの申し込みには他にもメリットがあります。
自動車販売店つまりディーラー経由で車のローンを借りた場合、手数料の一部が販売店に還元される事になります。
しかし、インターネットでの申込であれば、信販会社やクレジット会社との直接の契約になり、余分の手数料がかかりません。

一般的に審査・手続きには来店不要なので忙しい方にも簡単に利用できるのもメリットです。

銀行のローン

銀行の自動車ローン
最近では、銀行も自動車ローンを取り扱うようになりました。

借りたお金の用途を自動車購入に限定したものが自動車ローンです。
多くの銀行では、「自動車ローン」「マイカーローン」などの商品名が付けられています。

窓口やATMの広告で、誰もが一度は目にしている商品ではないでしょうか。

銀行の自動車ローンの一番の魅力はその金利です。
銀行の自動車ローンは販売店つまりディーラーなどに比べると低金利で借りられる事が多く、金利優遇などのサービスも付いている場合があります。

また、自動車ローンを滞納せずに返済する事で実績となり、住宅ローンなど別のローン契約の際にも審査に有利となる場合もあります。
いつも利用している銀行があれば、積極的に検討してみるのも良いかもしれません。

しかし、金利が低い反面、借入のための条件・審査は厳しくなっています。
また、審査に時間がかかる事もあります。
ですから車の購入直前になってローンを組めないという可能性もあります。

信用金庫

信用金庫の自動車ローン

現在は信用金庫などでも自動車ローンが扱われています。

信用金庫でも銀行のように低金利での融資や金利優遇キャンペーンなども行われています。
ですから実質銀行と同じ条件で融資を受けられると考えてよいでしょう。

また、銀行と同じく、金利が低いのですが条件・審査は厳しくなっています。
ですから誰でも気軽に利用できるというわけにはいかないようです。

信用金庫は、地域の中小企業や住民のための金融機関という位置づけになっています。
そして非営利団体ということになります。

ですから信用金庫が勤務先の会社と取引がある場合や、事業主として取引がある場合などには利用しやすくなります。
銀行と信用金庫を上手に使い分ければお得でしょう。

お得な買い方を

カードローンで自動車購入

カードローンで車を購入することを検討しておられるかもしれません。

カードローンで車を購入する場合は、使い道自由なローンつまりフリーローンを利用することになるかもしれません。

しかしフリーローンの場合、気軽に借りられる反面、自動車専用の自動車ローンに比べて金利が高くなるかもしれません。

また金利が高いということは、返済の総額も高くなるということです。

専門性の高いローンを利用したほうが結果的に安くつく場合があります。

ですから利用目的に一致したローンの方がお得に利用できるのです。