高額な医療費

手術費用の相場

突然の手術となると、どのくらいの費用がかかるか心配になるかもしれません。
病気の不安と手術費用の金銭的な不安が合わさり押しつぶされそうになることでしょう。

そんな時、まず金銭的な不安を解消することが必要です。

通常、手術費用と共に入院費用もかかります。
それらを合わせた治療費は通常3割負担となっています。

また、身の回りに必要な用品なども必要になります。

これらの総合的な費用を計算する必要があります。

入院費用の相場

入院費用はどのくらいが相場なのでしょうか。

一般的な場合、治療費は3割負担となっています。
入院費用の3割が自己負担となるということです。

さらに入院費用に加えて、食事代がかかります。
この食事代は自己負担となります。

またベッドの空きがない場合は、大部屋に入れない場合もあります。
その場合差額ベッド代が必要な、個室に入院する必要があるかもしれません。
この場合差額のベッド代が必要になります。

また、日用品などの身の回りの用品代がかかります。
また家族の交通費などが必要になります。

高額療養費制度

手術費用が高くてとても払えない。
また入院費が足りない。
しかも保険で費用を払うことができない。

そんな場合に助けになるのが、高額療養費という制度です。
これは国や地方公共団体が援助する、医療費に関する制度です。

高額療養費を簡単に言えば、指定額以上の医療費を国や地方公共団体が負担する制度です。
ですからこの高額療養費制度を利用すれば、医療費の負担が一定の額で止まることになります。

今までは、医療費を全額払い終えてから超過分を払い戻してもらう方法でした。
しかし現在では、あらかじめ払い戻し分を差し引いた額を支払う事ができます。
これにより、一時的に全額を払う負担が軽減されました。

高額療養費つなぎ資金制度

医療費が高額になってくると、毎日の生活資金が厳しくなってくるかもしれません。
医療費に支出が傾いていくわけですから、日々の生活資金に困ることになります。

その場合、生活資金に当てることのできる資金を貸し出してもらうことのできる制度が 高額療養費つなぎ資金制度です。

この高額療養費つなぎ資金制度は無利子で利用することができます。
一時的な高額治療費、例えば手術費用や入院費用の支払いのために出費がかさんだ時 生活資金を捻出することが厳しくなりますが、その時助けになるでしょう。

高額療養費つなぎ資金制度については、地元の社会福祉協議会などに問い合わせてみると親切に教えてくれます。

健康保険と治療費

健康保険に加入していれば、入院費用の自己負担は3割となります。

しかしこの自己負担には例外もあります。

例えば、妊娠や出産の時などがそうです。
妊娠や出産は病気とはみなされないため、自己負担となっています。
しかし、緊急時の帝王切開や危険な状態の時には保険が適用されます。
しかし、妊娠出産時の支援制度がありますので、地元の自治体に問い合わせてみましょう。
問い合わせしないと教えてもらえないことが多いので、自分で動くことが大切です。

また高度な先進医療に関しても保険が適用されないことがあります。
これらの場合は自由診療という形になるからです。

自由診療は保険適用外ということになります。

キャッシングで医療費を支払う

医療費がどうしても足りない場合、公的な支援制度をまず検討してみることができます。

例えば高額療養費制度を利用すれば、一定の金額以上の支払いは免除されることになります。

この場合は国民健康保険に加入し、支払いが滞納していない事が条件となります。

また、医療費を支払った時に生活資金が足りなくなる時もあるでしょう。

そんな時には高額療養費つなぎ資金制度もあります。

この制度を利用すれば当座の資金に困っている時に役立ちます。

またカードローンの利用も検討できるかもしれません。
その場合、金利をしっかり確認するようにしましょう。